こんにちは。

 

当院は、私が少年・少女サッカーのコーチをしていることもあり、たくさんのサッカー少年・少女が怪我の治療に来院してくれています。

また最近ではゴルフ、体操、野球など、サッカー以外のスポーツをしている子が、知り合いからのご紹介、ホームページ検索により来院してくれるようになりました。

スポーツをしている子供達を助けたい!という思いを持っている私にとってはありがたいことです😂

 

しかしどのスポーツの子供達も競技レベルが高い所でやっている子達なので、身体のあちこちに痛みがでています。

 

その、ほとんどの痛みの原因は『疲れ』です😔

 

どの子達も、筋肉を触るとかなり張っています。

サッカーなら足全体がパンパン!

体操なら肩周りがパンパン!

ゴルフなら身体が歪みまくり!

 

治療は、マッサージ、整体、痛みに対してはアキュスコープをあてます。

治療後、少しの間は楽になるですが、毎日の激しい練習によりまた疲労が溜まり痛みが出てきてしまいます。

 

それを繰り返さないためにも定期的にメンテナンス通院をしていただく必要があるのですが、なかなか定期的に通えないという方もいます。

定期的に通えないので、ご自宅で保護者の方がマッサージをされているご家庭もあるようなのですが、まれに間違ったマッサージをしている方もいてるみたいです。

 

そこで今回は、間違わず少しでも疲労を溜めないように保護者の方がご自宅で出来るマッサージ方法をご紹介致します。

 

まず、やってはいけないのが筋繊維を潰すようなマッサージです。

指で押すのも揉むのもそうですが、筋繊維を潰すように強くやってしまうと、スポーツで壊した筋繊維を、さらに壊してしまうことになります。

と言ってもどれくらいの強さでマッサージやったらいいかわからん!って感じだと思いますので、目安としてはマッサージ後にだるさが出たり、次の日に揉み返しの痛みが出たら、それは筋繊維を潰してしまっている証拠です。

確実に次の日のパフォーマンスは下がります。

その時は子供が気持ちいいと言うかもしれませんが、絶対にお止めください。

 

 

では次に、オススメのマッサージ方法をご紹介致します(^O^)/

まず子供の筋肉を『コンニャクゼリー』だと思って下さい。

コンニャクゼリーが潰れるくらいの強さで押したり揉んだりしたら、それは強くマッサージをやり過ぎてしまっているかもしれません。

イメージ解りづらくてごめんなさい😔

image

 

ではマッサージの方法です。

 

身体全体のコンニャクゼリーを潰れないように手のひらでジワーッと押し込み、筋膜の緊張を取ります。

全体を押し込んだら次に、コンニャクゼリーがプルプルとなるように手で横に揺すって、疲労物質を取り去ります。

image

最後に痛くない程度でストレッチをしてあげましょう。

 

子供の身体なら全身15分くらいかけてやってあげるといいでしょう。

 

コンニャクゼリーはちょっと難しいイメージかもしれませんが、1番のポイントは筋繊維を潰さず、筋膜の緊張を取り、疲労物質を取り去りることです。

 

 

保護者の皆様、ご自宅でのマッサージをする際はコンニャクゼリーをイメージしてみて下さいね。

 

子供とのいいスキンシップになりますしね〜☺️

 

 

おかだ