阿倍野区西田辺・スポーツメディカル・メンテナンス・コンディショニングの事ならSports Body Maintenance オカダ鍼灸整骨院

院長プロフィール

  • HOME »
  • 院長プロフィール

院長

岡田 和明

おかだ かずあき

経歴

  • 香川県立観音寺中央高校 卒業
  • 関西健康科学専門学校 柔整科 卒業
  • 大阪技術学園専門学校 鍼灸科 卒業

 

資格

国家資格

  • 柔道整復師
  • はり師
  • きゅう師

民間資格

  • キネシオテーピング指導員
  • WFA公認セミナー終了(サッカーのピリオダイゼーション)

趣味

  • サッカー(たまにサッカーやフットサルを楽しんでいます)
  • セレッソ大阪の応援(時間があれば会場に足を運んでいます。)
  • 子育て(休日は子供と子供のように遊んでいます。)

活動

  • サッカートレーナー兼コーチ
  • 岩田FC・FC平野(2001~2007)
  • アイリスFC住吉(2006~)

好きな言葉

可能性

My History

サッカーとケガ

大阪市で生まれ、幼稚園から父親の実家である香川県観音寺市で育ちました。 小さいころから動く事が大好きだったのでいつも外で遊んでおり、中学、高校ではサッカー漬けの青春時代を送りました。高校を卒業してもまだまだサッカーを続けたくて卒業後は大阪に出て一人暮らしをしながら社会人チームに所属し、サッカーを続けました。 これだけサッカーが好きだったにもかかわらず、私はケガばかりのサッカー人生でした。 腰や足首をよく痛め、サッカーが出来ない時期があり、その時はとても辛かったのを覚えています。

寛永通宝20150816044627

治療家を目指して

先述のように、いわゆる“サッカーバカ”だった私は毎日のようにサッカーをしていましたが、ふと将来の仕事について考えたとき、やっぱりサッカーからは離れられなくて、サッカーと関係した仕事はないか?と探していくうちに、 『自分のようにケガでサッカーができないことで、つらい思いをしてほしくない!』 『それならサッカー選手がケガをしてしまっても、いち早く復帰させてあげられるような治療家になろう』 と思うようになり、治療家を目指すこととなりました。

治療家のはじまりは大阪市の整骨院でした。 まずは整骨院で治療を勉強させてもらい『人を治す』ということを目指し、右も左もわからず同年代から比べるとはるかに安い給料からのスタートでしたが、どれだけ厳しくても頑張ろうと思いました。 とにかく治療力をつけたくて、毎日患者さんが良くなることばかり考えてはいましたが、実際に『人を治す』ということは想像以上に難しく、自分の無力さを痛感したのを覚えています。 そして整骨院の中で教わっただけでの知識では限界があることに気づき、整骨院を開業することができる柔道整復師の免許を取るために、夜間の専門学校学校に通いました。 3年間毎日、朝から夕方まで整骨院で働き、夜は学校と体力的にかなりきつかったですが、それでも『サッカー選手がケガをしてしまっても、いち早く復帰させてあげられるような治療家になろう』という思いを忘れず、全力で勉強しました。

スポーツトレーナーから感じたもの

整骨院で働き出して少し経った頃、中学生サッカーチームへのトレーナー活動を始め、土日もほぼ休みなく働きました。 整骨院では日常生活からくる痛みに対して治していく、いわゆる『治療』というものでした。 しかしトレーナーの現場では、

  • 相手とぶつかり転倒して足を骨折
  • ヘディングの競り合いで着地時に手をつき肩を脱臼
  • 相手と接触し頭から落ちて脳震盪

など、目の前にいる選手に起こる、“適切な判断を下し迅速な処置が必要なケガ”ばかり。普段、整骨院ではほとんど診ることがない症例ばかりだったので、毎回先輩方の処置方法をみて勉強していました。 また選手がサッカーに復帰出来るように、処置→治療→リハビリ→現場復帰というプログラムを立てる必要があり、整骨院とトレーナー現場では全く違う事を痛感しました。

職場でのストレス

治療力をもっとつけようとそれまで勤めていた院を辞め、大阪市ではやっていた別の整骨院で働くことにしました。 ところがその院は、“治療をする院”とはほど遠い“マッサージ主体の整骨院”で、どんな患者さん、どんな症状に対してもみんな同じように30分マッサージをしなければならず、すべてが流れ作業的な形でした。 スタッフ間での話し合いも患者さんの治療の話はゼロ。スタッフ同士でもマッサージがどれだけうまいかというような競い合いばかりで、マッサージをして欲しい患者さんにとってはとてもいい院だったのかもしれません。 しかし、『本当に痛みで悩んでいる患者さんは満足していないんじゃないか?』と思うようになり、ストレスを感じながら毎日同じようにマッサージを繰り返し、治療できないもどかしさの中で働いていました。 それでも、痛みに悩み、この院の治療で治ると信じて来て下さる患者さんのためにも、限られた範囲内で院長に気づかれないように治療をして結果を出そうと努力しました。 そしてこの頃から、もっと知識をほしい!と、以前から興味があった東洋医学を学び鍼灸師になるために夜間の学校に通い、そこで治療技術を勉強しました。

自分が求めた理想の開院とまさかの・・・

自分の理想の整骨院を作るために、平成22年についに開院をすることができました。 これまでの経験から、自分は患者さんにとって何が出来るのかと考えた結果、整骨院での経験から、患者さん一人一人症状が違うので、その人にあった治療をすること。そしてスポーツトレーナーでの経験から、早期復帰にはプログラム作りが大事である。ということを組み合わせ、患者さんと向き合いました。 それから4年間、必死で走り続けましたのですが、2014年3月末、テナントの大家さんからまさかの『立ち退き』宣告…!? 最初はどうしたらいいかわからず、訳が分からなくなりました。

でもっ! 止まっていてはダメだと思い『移転』を決意! そして4年間での経験を生かしてより理想の整骨院を作ろうと考え、2015年1月に移転、2度目の開院となりました。

ご予約はお電話にて受け付けております。 TEL 06-6690-0716

PAGETOP